FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

痛風の危険か パーキンソン病のリスクか  どっちとる?

あなたの健康百科」というサイトで
蒸留酒を飲む量が増えるごとにパーキンソン病リスクが増加
するという記事がありました。

(記事はこちら⇒http://kenko100.jp/news/13/06/21/02)



米国人を対象にした研究から、
ウイスキーなどの蒸留酒を飲む量が増えるごとに、

パーキンソン病リスクが増加する事が分かったそうです。


6月19日発行の米科学誌「PLoS One(電子版)」に報告されました。


Whisky Collection
Whisky Collection / Danny Nicholson



実験に使用された蒸留酒の種類は明らかになっていませんが

蒸留酒といえばウイスキーのほか焼酎、
ウオツカ、ジン、ラム、テキーラなどのスピリッツなどがそうです。


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル   ま 毎日どれかしら必ず呑んでますよ…!


ギャーーーーっ! 
最近記憶力の衰えと、物忘れが増えてきたのはこれーーー?!



飲酒全体とパーキンソン病の関係は認められなかったそうですが

蒸留酒では1日2杯以上(88ml)のグループで、
飲まないグループと比べたパーキンソン病リスクが1.35倍。

さらに飲酒量が増えるごとにリスクが高まっていたそうです。


ゴクリ   呑んでる…。  それくらい毎日呑んでるよ…。



 


さらに一種類の酒だけを飲む人に限定して実験したところ、
蒸留酒では1日1杯(44ml)以上のグループでパーキンソン病リスクが2.18倍に増えているという。


つまり蒸留酒のみで最初から最後まで通すと
パーキンソン病の危険が割り増しになると言うことですね。


でもちょっと待ったーーー!!!


ここで救いが無いとあんまりじゃないですか。


実はビールには逆にパーキンソン病のリスクを抑える働きがあり、
飲酒量が増えるごとにリスクが減少したそうです。


ビールに含まれているプリン体が尿酸値を上昇させることは有名ですが、
その結晶である尿酸塩が

体に好ましくない影響を与える分子を強力に抑える作用を持っいるそうです。


尿酸塩によってパーキンソン病の発症や進行が抑えられた
という研究結果も報告されているということです。



つまり ビールを呑んだ後、蒸留酒を呑んでいる私は最強 ということになりますが

パーキンソン病の代わりに痛風の危険が増すわけで…。



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



痛風,パーキンソン病

Comments 4

まつ

一種類だけがダメと言う事は、焼酎浴びたら〆のウイスキーまで逝けという事ですね。
っあでも私鏡月呑んで豪呑んでと焼酎二種類呑んでますが一括りでしょうか。笑
まぁ好きな事してぽっくり逝くのが理想ですね。爆

2013-06-26 (Wed) 20:16 | EDIT | REPLY |   

もも天々

ひよぉぉぉ・・・

ワタシも毎晩呑んでるよ~~

しかも、家ではビールやのうて
缶チューハイやしっ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

ウイスキーより焼酎は度数が低いから
比較的マシなのでは?!
と、思うことにするわ(笑)

2013-06-27 (Thu) 11:33 | EDIT | REPLY |   
十里">

十里

Re: タイトルなし

>まつ さん
焼酎もウイスキーも蒸留酒!
鏡月も豪も蒸留酒!!!

パーキンソン病はぽっくり逝かないらしいですよ…。

2013-06-27 (Thu) 12:53 | EDIT | 十里さん">REPLY |   
十里">

十里

Re: タイトルなし

>もも天々 さん
缶チューハイってスピリッツ使ってるの多いですよね…
(スピリッツ=蒸留酒)

確かに焼酎の方が度数半分くらいだけど
度数は関係あるのかな… … …?

2013-06-27 (Thu) 12:56 | EDIT | 十里さん">REPLY |   

Leave a reply