FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

けしからーん! ラベルの不正表示!!


浪花正宗 さか松純米大吟醸山田50生原酒1800ml



1716年創業の、およそ300年の歴史を持つ老舗が

「純米酒」に醸造アルコールを混ぜたり、
「大吟醸酒」や「吟醸酒」に規定以上の醸造アルコールを加えたり
安い酒に「大吟醸」などのラベルを貼ったりして、

販売していたことが、大阪国税局による酒の成分分析でバレました。


2008年の北海道洞爺湖サミットでは、この酒造会社の酒が提供されたそうですが
その時は中身は合ってたんでしょうかね?




各国税局には酒類の分析や鑑定を担う鑑定官室が設置されており、
酒類の安全性を確保するため、酒蔵への税務調査に入る際
品質や表示事項の分析調査も行うことがあるそうです。


この酒造会社は大吟醸、吟醸酒、純米酒など6種類の自主回収を始めるというけれど…
・表示に誤りがあった
・飲んでも健康への影響はない



とか そういう問題じゃないよね?


注文品の在庫が無い時には、在庫に別の銘柄のラベルを貼って出荷したり
こんなことを5年も前からやっているそうです。

年間の不正出荷は1000本に上るとか。


この1000本が多いとか少ないとかじゃなく、
ラベル表示を信頼して買っている消費者をだましていたという行為に唖然とします。

私なんて特にラベルをじっくり吟味する方なので、
そこにウソがあるなんてどうやって見分ければいいんでしょうかっ?


まあここの酒は呑んだこと無いんですけれども!



社長は「味に大差なく、問題ないと思った」と言い切ってます。

味が分からない消費者が間抜けなんでしょう。



この酒造会社の「浪花正宗大吟醸」は、
全国新酒鑑評会で2012年まで4年連続で金賞を受賞してたそうです。


こんなことをしていたのは
この酒造会社だけであることを祈ります。


(ネタ元)
YOMIURI ONLINE
YAHOO!ニュース

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



ラベル不正表示

Comments 0

Leave a reply