FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

一番乗りはだ~れだ?

銘柄につべこべ言わなければ

現在はどこででも手に入る、一般的なお酒となったワイン。



初めて日本に持ち込まれたのは、南蛮貿易の盛んだった頃で

ポルトガル人からでした。



当時の権力者は織田信長。


ポルトガルが献上したのが珍陀酒(ちんたしゅ)というお酒。


ポルトガル語で赤ワインを指す

ヴィニョ・ティント(vinho tinto)からきていると思われます。






サンデマン トウニー ポート 750ML 1本


日本で最初にワインを呑んだ人物はこの織田信長か、

フランシスコ・ザビエルから献上を受けた

山口の大名・大内義隆のどちらかだと言われています。




しかし



織田信長は下戸で甘いもの好きだったという記述が

宣教師の残した資料にあるそうで、

干し柿やだんごが好物だったようです。


なので、織田信長が呑んだとされるワインは

実際には、あま~いポートワインだったのではないかという説があります。


むかーし

赤玉ポートワインといわれていたサントリー赤玉スイート







震えがくるほど甘いです!

極甘ものがお好きなかたはぜひ・・・


にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ポートワイン,織田信長

Comments 2

まれすけ

こんばんは!十里さん。

信長が甘党ってショックです・・・
髑髏に酒入れて呑んでたってのも眉唾か~・・・

ワインは滅多に呑みません、が、どうせ呑むなら程良い渋みと酸味が欲しいところ。
極甘なんて・・・

2012-06-29 (Fri) 22:26 | EDIT | REPLY |   
十里">

十里

まれすけさん

いかにも酒に強そうですけどね

多分あま~いお酒を
髑髏に入れて呑んでたんですよe-440


私も甘いワインは、赤白共にニガテ

2012-06-30 (Sat) 13:26 | EDIT | 十里さん">REPLY |   

Leave a reply