FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

「ウィルキンソン・ドライセブン ドライレモンライム」もうなんかいろいろ飲み過ぎたせいで。

ウィルキンソン・ドライセブン ドライレモンライム
★本日の空き缶★
うぃるきんそん・どらいせぶん どらいれもんらいむ


原材料名 ウオツカ(国内製造)・レモンスピリッツ・ライムエキス・糖類/炭酸・酸味料・香料
内容量 350ml
アルコール分 7%
製造者 アサヒビール株式会社
無果汁
人工甘味料0
プリン体0.0
ウィルキンソンタンサン使用


レモンとかグレープフルーツで、ドライ系の高アルコール感チューハイ。

これらは何となく全部パッケージが似ている感じがして、売り場でいろいろ並んでいる中で、もはやどれが飲んだやつで飲んでいないやつなのか分からなくなって思考停止する。

前からあるやつなのか、初めて見るやつなのか、もう全然分からん。


…という今回は、ウィルキンソンの炭酸を使っているという「ウィルキンソン・ドライセブン」。

生協の個別宅配のカタログに、6缶パックで売りに出ていまして、それがディスカウント店で買うくらいの値段だったので注文してみました。

もうパッケージ見ただけだと飲んだか飲んでないのか分からず、とりあえず「アセスルファムK」などの人工甘味料が入っていないかをホームページで確認して。
アレが入ってると、歯みがきしたあとも変な甘さがずーーーっと口からとれないので、もうなるべく近寄らないことにしました。


ウィルキンソン・ドライセブン ドライレモンライム


ウィルキンソンの炭酸はわが家でも時々箱買いしますが、いうほどそんなに強炭酸かな~~~
というのが正直なところ。

お酒を割ったりして飲むことも多いですが、基本的にそのまま飲むのも同じくらい。
しかも私はただの炭酸水も常温で飲むので、もしかしたらその辺が刺激を弱めている原因かも。

炭酸モノはヒエヒエの方が、シュワシュワをより強く感じるのかも。


「ウィルキンソン・ドライセブン」のドライレモンライムは、キリンレモンとか三ツ矢サイダーの甘さ控えめな感じで、意外とスッキリ飲めました。

ただアルコール度数は、ビールより高い感じはしないかな~~~
やっぱり控えめとはいえ甘さのせいかな~~~


でもおいしかったです!
これならおかわりはアリです。


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ウィルキンソン・ドライセブンドライレモンライム

Comments 0

Leave a reply