FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

2018年の「キリン一番搾り 横浜づくり」。

2018年の「キリン一番搾り 横浜づくり」
★本日の空き缶★
きりんいちばんしぼり よこはまづくり


原材料 麦芽・ホップ
アルコール分 6%
内容量 350ml
製造者 麒麟麦酒株式会社

神奈川うまれですから、神奈川で楽しむのが一番。

横浜の風邪を感じる、爽やかな味わい。
横浜工場限定の、特別な味わいです。
横浜工場醸造長 岡田義宗
(缶ボディより)


限定かと思ったらいつでもスーパーに置いてあるような気がしたり、新発売!と店頭に書いてあったり。

地域限定の一番搾り、「づくり」シリーズの扱いがどうなっているのかイマイチ謎ですが、買ってみました。
今回の物は4月の発売だったようです。

各地の「づくり」シリーズも、9工場分発売されたようですが、中でも横浜づくりは味わい的に一番コクがあるもようです。
逆にスッキリ系は北海道・仙台。

アルコール度数6%も横浜だけで、あとは5%~5.5%。


2018年の「キリン一番搾り 横浜づくり」
昼呑み!


麒麟のお腹の色は横浜港をイメージした青だそう。メジャーかどうか知らないけど、横浜は「横浜ブルー」押しです。
伊東屋の文房具とか、相鉄(相模鉄道)の車両の色とか。


ビールの色も若干濃いかな?くらいで、度数がやや高くてもうまみは変わらず。

キリン一番搾り 横浜づくり第2弾
2015年12月の横浜づくり

キリン 一番搾り 横浜づくり
2015年5月の横浜づくり このころのほうが色が濃かった気がする。


「横浜づくり」は、神奈川県を中心とする横浜工場出荷地域の店頭で手に入るようです!
関東だけど、茨城は取手工場の「取手づくり」があるから、「横浜づくり」は売らないのかな?

横浜でも「取手づくり」は見かけないしね。



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
キリン一番搾り横浜づくり

Comments 0

Leave a reply