FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

「ANDESTITA CABERNET SAUVIGNON(アンデシータ カベルネ・ソーヴィニョン)2017」外側だけ変わって中身一緒でももうわからん。

ANDESTITA CABERNET SAUVIGNON(アンデシータ カベルネ・ソーヴィニョン)2017
★本日の空き瓶★
あんでしーた かべるね・そーヴぃによん あか


原産国名 チリ
内容量 750ml
アルコール分 13%
酸化防止剤(亜硫酸塩)・安定剤(アカシア)
輸入者 国分グループ本社株式会社

柔らかく熟したプラムの香りに、樽熟成由来のスパイスやヴァニラの香りが魅力的なワインです。
味わい:フルボディ
(ボトルラベルより)


ドラッグストアか… 滅多に行かないスーパーか… ロハコか…
それとも個別宅配の生協か。

あと酒のディスカウント店くらいが、私がワインを購入する際の行動範囲ですが、同じ行動を繰り返しているせいか、どこで買ったか分からなくなること多し。


分からなくなるといえば毎度毎度ワインの味について

「熟したカシス…ブラックベリー…」だとか、
「バニラ…シナモン…」だとか、
「凝縮感」「しっかりとした骨格」「ほのかなスパイス」「ビロードの様なタンニン」「複雑なアロマ」だとか、

もういい加減出尽くして無理矢理でしょう、というような表現が多く見られますが、私もいい加減ワインの表現の底は尽きています。

飲みやすいとか渋いとか、軽いとかすっぱいとか、もうそれくらいしか言えません!

むかし1本2万円のワインと5000円のワインを飲み比べるチャンスがあったときも、「甘い」とか「重厚」とか、そんな感想しか出てこんかったし。


ちなみに5000円のワインのほうが好みだった貧乏舌です。一晩でなくなると思うと1000円でも躊躇する。
もっと言えば普段一人で飲むのなんてワンコインで十分です!


ANDESTITA CABERNET SAUVIGNON(アンデシータ カベルネ・ソーヴィニョン)2017
色も泡立ち感もファンタっぽいし


そういうわけでこのワインも500円とか600円くらいだったはず。
「フルボディ」って書いてあったけどそんなに重くなく、ミディアムボディくらいの飲み心地だった気がします。


まあワインが飲みやすいのはいいことだ。


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
ANDESTITACABERNETSAUVIGNON(アンデシータカベルネ・ソーヴィニョン)2017

Comments 0

Leave a reply