FC2ブログ

空き瓶

ARTICLE PAGE

本格焼酎「壱岐産たばる麦 昭和仕込」レトロチックなラベル買い。 

本格焼酎「壱岐産たばる麦 昭和仕込」
★本日の空き瓶★
いきさんたばるむぎ しょうわじこみ


原材料 大麦・米こうじ
アルコール分 25度
株式会社 壱岐の華
720ml詰

戦後、昭和二十年代まで島内で焼酎の原材料に栽培されていた「たばる麦」を、農家の方々と協力し、復活させ、当時の蔵内日誌や前杜氏の記憶をたどり、可能な限り昭和の製法に基づいて仕込みました。
壱岐焼酎が本来持っていた、豊かな麦香と濃醇な味わいをお楽しみください。
(ボトルラベルより)


地理的表示が認められている産地の一つ、長崎県の壱岐。
「壱岐焼酎」は大麦と米麹を島の水で仕込み、島内で蒸溜・瓶詰めしたものだけが名乗れる本格焼酎です。

壱岐での焼酎づくりは江戸時代にはすでに本格的だったと言われています。

ほかにも九州には「薩摩焼酎」や「球磨焼酎」などがありますが、産地名を名乗るには厳しい条件を守る必要があるんですね~。

私は麦焼酎が好きなので、壱岐焼酎や大分麦焼酎などは外せません!
でも「昭和仕込」には「壱岐焼酎」って書いてないんだが…


本格焼酎「壱岐産たばる麦 昭和仕込」
なぜかカタコトっぽい「オ酒ハ、二十歳をスギテカラ」


「昭和」っていうとレトロでノスタルジックな雰囲気が漂ってきますが、もうすぐ昭和の次の元号である平成も終わりを告げようとしていますね~~~。
天皇が変わると元号も変わるわけですが、今まで突然終わって突然始まっていた元号が、準備期間が設けられているというのが妙な感じがします。急に変わるよりは絶対いいと思いますけどね!

しかし次の元号になったら、昭和・平成・むにゃむにゃの3世代生きることになるのか…(今のところ)。


パッケージは好みだったけど、この焼酎はいまいち好きな香りと味ではなかったのが残念でした!


でもお茶割りにしたら普通に飲めました。



 
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
本格焼酎「壱岐産たばる麦昭和仕込」

Comments 0

Leave a reply